FC2ブログ

大乗10月号(2017.09.28)

本日は、インド紀行はお休みということで・・・
別の記事を書こうと思う。

先日、本願寺出版の本願寺機関誌「大乗」編集部から取材を受けるという話をした。
9月の上旬に取材を受け、どんな記事になるのだろうかと、たぬきは内心心配しておった。

今日、お寺に本願寺出版から「大乗10月号」が送られてきた。

        img007.jpg

なんと、この機関誌の58~59ページにわたって、たぬきと住職との関わり、そしてブログのことが書いてある。
しかも記事は、住職との関係を的確に表現されている。
本当にありがたいことだ。

たぬきは、住職の人格に触れ、自ら仏教を学んでいく中で、どうすれば浄土真宗のおみのりが弘まるのかと思っていた。
パソコンを駆使して情報発信をしても、どの程度の方が見て下さるだろうか?
特に、お寺にお参りされる方は、お年寄りが多い。
その方たちに、IT?インターネット?
そんなことを思いながら、しかし、何かをしなければという思いだけで始めたこのブログだった。
振り返ってみれば、早くも9年・・・
少しずつではあるが、多くの方たちに見ていただき、ときにはコメントも送って下さる。
そのことに、たぬきのひそかな感動がある。

たぬきは、機会あるごとに門徒推進員の方や中央仏教学院の卒業生や受講生の方たちに、こんな情報発信の仕方もあると、たぬきのブログを紹介している。
お金もかからないし、内容は自由に書ける。
こんなに、いいことはないだろうと思うのだがのう。



たぬきの独り言

どうか、パソコンやインターネットをされる門信徒の皆さんで、たぬきのようにブログでも書いてみたいと思われる方は、連絡していただければお話することは可能です。
ブログのコメント欄に投稿をお願いします。

また、たぬきのこのブログを毎日見て下さる皆さんに改めて感謝いたします。
励ましていただいたり、コメントをいただき、ありがとうございました。
どうか、今後ともよろしくお願いいたします。
          By たぬき

        IMG_9386.jpg




関連記事

コメント

大乗10月号拝読

初めまして、県警坪野義昭の母です。息子からあなた様の記事を知らせてもらい驚きました。偶然にも48ベージに私の記事が紹介されています。パソコンでご法義が子供たちに、伝えられたらとの願で始めました。「かあさんボケ防止にインターネットしたら?」息子の勧めでした。かれこれ7,8年になりますかしら?毎月つぼの家だよりを発行しています。お念仏のみ教えが伝わればと願いながらの発行です。今後ともよろしく。

Re: 大乗10月号拝読

坪野良子様
コメントありがとうございました。
早速、返信をしようと思いましたが、10月5日、6日の2日間、本願寺でありました「念仏奉仕団」にお寺の人たちと一緒に参加しておりました。昨日も帰宅したのが午後9時ころでしたので、失礼してしまいました。「大乗」10月号の48ページの記事と写真は見ておりましたが、坪野さんの息子さんが写っているとは思いませんでした。この写真に写っている金盛麻衣子さんを見て懐かしく感じておりました。と言いますのは、本願寺の「中央教修」で金盛さんにお世話になったからです。それ以来、年賀状を頂いたりしております。本当にご縁というのは不思議なものだと思います。よろしかったら、いつでもたぬきのブログを見に来てください。そして、コメントも書いていただければと思います。これから寒くなりますが、ご家族ともどもお身体ご自愛のほど念じております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お返事いただきありがとうございました

坪野良子様
お返事をいただき。ありがとうぼざいました。
今後ともよろしくお願いいたします。
なお、今後のご連絡によろしいかと思い、貴女のメールアドレス宛に私のメールアドレスを送りました。
よろしかったらこちらをご利用ください。

No titleたぬきさんへ

初めてお便りします。中仏山陰支部の事務局をさせて頂いています、藤原敏幸と申します。大乗の記事を見させて頂き、たぬきさんのブログを拝見しております。9年も続けておられるんですね。感動しています。今はまだ少しだけしか見ていませんがこれからゆっくり見させて頂きます。
きれいな写真とさわやかな文章が目を惹きつけます。
 西宗寺御住職の高野様は研修でお会いしたときなど、私のような者にも笑顔で
お話をして下さり感謝しています。          藤原敏幸

Re: コメントありがとうございます

コメントありがとうございました。
中央仏教学院通信教育部同窓会山陰支部では、大変お世話になっております。
なにもできないたぬきではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。
私は、ブログを書き始めてから9年になります。
当初は、何も分からないまま書いておりました。
そのうち、住職と文章のキャッチボールが出来るようになり、現在に至っております。
どこでも、どなたでも簡単にできるのが。ブログだと思います。
多くの皆さんが、自分のブログを立ち上げて、み教えを発信していただければと思います。
ブログにはこうでなければならないというような決まりはありません。
気楽に何かを書いていくことだと思っております。

拙いたぬきの文章ですが、ゆっくりと見ていただき、そして、ご指導ご鞭撻のほどお願い致します。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工