FC2ブログ

たたら製鉄

「たたら製鉄」という表題を書いたが、一般的には古代から伝わる製鉄法であるこのたたら製鉄について知っている人はあまりいないのではないかと思う。

たたら製鉄(たたらせいてつ、英:Tatara)とは、日本において古代から近世にかけて発展した製鉄法で、炉に空気を送り込むのに使われる鞴(ふいご)が「たたら」と呼ばれていたために付けられた名称。
砂鉄や鉄鉱石を粘土製の炉で木炭を用いて比較的低温で還元し、純度の高い鉄を生産できることを特徴とする。
近代の初期まで日本の国内鉄生産のほぼすべてを担った。
          By ウィキペディア     


このように書かれている。

特に中国山地では、良質の砂鉄が採取されたことから、この地方で製鉄された鉄は全国シェアを独占していた。
ところが、明治時代に入ると海外から近代製鉄技術が入ってくるや徐々にたたら製鉄は衰退し、戦後たたら製鉄の火は消えてしまった。
しかし、日本刀を制作には、たたら製鉄によって作られる「玉鋼(たまはがね)」は欠かせない作刀材料であることから、日本美術刀剣保存協会(日刀保)が、日本で唯一島根県奥出雲町に「日刀保たたら事業所」を操業し、日本刀の原料となる「和鋼・玉鋼」を生産している。

先日、機会があってこの日刀保たたら事業所の見学をすることができた。

        IMG_4580-1.jpg

        IMG_4579.jpg

ここでは、国選定保存技術保持者で日刀保たたらの村下(むらげ)木原明さんのたたらについての講義を受け、実際のたたら製鉄の行われる現場での解説もしていただいた。
残念ながら撮影禁止ということで、たたらの撮影をすることは出来なかった。

2枚めの写真の高い煙突のある建物の先の建物がたたらのある場所だ。

日刀保たたらを見学した後は、昔たたら製鉄をしていた卜蔵(ぼくら)家庭園にある「椿庵」で昼食を摂った。

       IMG_4583_20190809153608a9c.jpg

これに、割子そば1枚が付き、丁度よい量の昼食だった。
たぬきが驚いたのは、ムクゲの花の天ぷらがあったことだった。

昼食の後は、卜蔵家が創業していたという「原たたら」の跡地を訪れた。

        IMG_4588.jpg

現在では更地になっていたりして分かりづらいが、上のような看板があり往時を偲ぶことが出来た。
この看板の側に小さな水車が回っていたのが印象的だった。
水車が回っている様子は、たぬきのフェイスブックに掲載しておこう。
          
         


QRコード作成
写真・画像のWEB加工