FC2ブログ

オーストラリア(No.25)

ホテルで休憩をした後、夜のシドニーを満喫することに・・・
最初に、ミセス・マッコーリーズ・チェアへ。
ここからは、オペラ・ハウスとハーバー・ブリッジが見渡せる場所だ。
ちょうど、夕日も沈み、空が茜色に輝いている。

        IMG_2917.jpg

        IMG_2918.jpg

写真は明るく写っているが、肉眼ではもっと暗く見えて、なんとも言えない郷愁を感じる。
しばらく写真撮影をしていると、日もとっぷりと暮れてきた。

たぬきたちは、ハーバー・ブリッジのたもとまで移動。

        IMG_2945.jpg

        IMG_2948.jpg

さっきまでいたミセス・マッコリーズ・チェアの反対側からオペラ・ハウスを眺める。

そして、シドニー湾岸のビルの夜景も素晴らしい。

        IMG_2946.jpg

ここで余談だが、オーストラリアでは会社員等の残業率は非常に低い。
要するに、残業する人はいないのが実情のようだ。

夜景を見ると、企業が入っていると思われるビル群に煌々と明かりが点いている。
残業しないのに、なぜオフィスに明かりが・・・と思う。
現地ガイドの説明によると、ビルのライトアップは、シドニーの観光振興のためにビルの階を決めて、点灯させているということだ。
そうでもしないと、こんな綺麗な夜景を演出出来るわけがないと納得した、たぬきじゃった。

続きは、また次回・・・・・



住職ノート

4月も半ばになりました。
田んぼも水が張られ、着々と田植えの準備が整いつつあります。
西宗寺の桜もヒラヒラと散って、今日は、雪の上を歩いているようです。

今月後半の標語は
 「たった一言が 人の心を傷つける たった一言が 人の心を温める」
としました。

学校に通う子供たちが、近くのおじさん、おばさんが、見てくれないかなとの思いで書きました。  
私たちは、何気なく人と話をしたり、人の話を聞いたりしていますが、私の口から出る一言一言が、相手を知らぬ間に傷つけたり、いやな思いをさせたりします。
私たちの行い、身のこなしにおいてはなおさらです。
今日一日の私の振る舞いはどうだったのでしょう。
恥ずべし、痛むべしの思いです。
お互いに考えていきましょう。

明日は、京都のご本山にお参りします。
静かに祖師の前に手を合わせて来たいと思います。

        DSCF9056.jpg






QRコード作成
写真・画像のWEB加工