FC2ブログ

オーストラリア(No.23)

昨日(4月1日)は、新しい元号も決まり日本中が大いに盛り上がった。
新元号は、「令和」。
心地よい響きの元号だ。
新しい時代が、この元号のように「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」ことを願いたい。

さて、オーストラリア紀行について書くとしよう。
土産物販売店「コガルー」を出た、たぬきは一旦ホテルに帰って休憩。

        IMG_2893.jpg

        IMG_2892_20190402204839a4f.jpg

しばらく休憩した後、オージービーフのステーキディナーに・・・

        IMG_2900.jpg

        IMG_2898.jpg

        IMG_2904.jpg

        IMG_9210.jpg

オージー・ビーフ (英: Aussie Beef) は、オーストラリア産牛肉のこと。

原料となる肉牛は生まれると広い敷地で放牧される。
放牧時は牧草を餌とされ、このまま食肉にされる牛は牧草牛やグラスフェッドなどと呼ばれる。
牛の本来の生活で育った牛の肉質は赤身が多い。
米国を中心としたオーガニックマーケットではオーストラリア産のグラスフェッドは付加価値の高い商品として認知されている。
一方、日本を中心としたアジアマーケットではサシ脂が好まれるので、フィードロットと呼ばれる肥育地に輸送し、さらに脂肪率を向上させる生産法が好まれている(グレインフェッド)。
2011年12月現在、日本に輸入されている41%がグレインフェッドで、スーパーマーケットで販売されているオージー・ビーフの多くはグレインフェッドである。
          by ウィキペディア       


オージービーフのディナーにすっかり満足した、たぬきじゃった。




QRコード作成
写真・画像のWEB加工