FC2ブログ

別れと出会い

小・中・高など各種学校の卒業式も終わり、それとともに別れの季節は過ぎた。
毎年繰り返される行事だが、なんとなく毎年違うような気がする。

「出会いは、別れの始まり」などと言われる。

考えてみると、出会いがあってもいずれは別れなくてはならない。

命あるものいつかは死を迎える。
いくら手を携えていようと、分かれなければならないのが、この世に生を受けたものの宿命だろう。

また、いつまでも生きていたい、永遠の命が欲しい、と言ってもそうはならない。
ある法医学者は、いくら高度医療が進んでも、不死ということはないと言った。

いくら長寿でも、130歳以上は生きられないと・・・

そう言えば、130歳以上の人がいたとは、聞いたことがない。(ギネスでも122歳が最長寿)
江戸時代の話は、別としてじゃがのう。

変な方に、話が脱線してしまった。

出会いは、別れの始まりであるのなら、出会いを大切にしたい。
そして、せっかく出会えたのなら、長くいいつきあいをしたいものだ。

出会えたことは、なにかの縁なのだから・・・



   蒜山高原



テーマ : ブログや日記 - ジャンル : ブログ

QRコード作成
写真・画像のWEB加工