FC2ブログ

巨木を見る会(2019.04.06)

巨木(巨樹)を見る会が、安来市広瀬町布部で開催されるということを3月初めに案内をしてもらった。
早速たぬきは申し込みをした。

4月6日たぬきの運転で、松江から2名を車に乗せて布部の加納美術館へ。
午前10時にここで待ち合わせということだった。

たぬきは、早く松江を出発したものだから、午前9時過ぎには加納美術館に到着した。
早かったかなあと思っていると、たぬきたちよりも早く到着している人たちもいた。

        IMG_3982.jpg

また、美術館前を流れる飯梨川沿いの土手には、サクラが今を盛りに満開になっている。

        IMG_3978_convert_20190407170543.jpg

午前10時から美術館の隣の交流センターで、今回のツアーの説明などが行われた。
このツアーのメインは、「大山白(だいせんはく)」と名付けられた椿の巨木のようだ。
数ある椿の種類でも珍しい白い花の椿。
なんとも話を聞くだけでもワクワクする。
ところが、この椿が発見されてから盗伐が相次ぎ、現在では瀕死の状態にあるとのことだった。
だから、この巨木がある位置も参加者には知らされず、まさにミステリーツアーのような感覚で参加することになった。

出発する前に各自がおにぎり弁当を受け取り、車に乗り合わせて現地へ向かった。
普通車がやっと1台通れるくらいの道幅しかない。
そんな未舗装の道を進んでいく、しばらく走ったところで車から降りて、山道を進む。

        IMG_3989.jpg

途中、何回も小川を渡りながら山頂に向かって歩く。

        IMG_3990_2019040717104033b.jpg

30分ばかり歩くと目的の場所に到着する。

        IMG_3992_convert_20190407170730.jpg

これが、「大山白」。
樹齢500年という。
木の下側には枝がない。
これは、全て盗伐されたことを表している。
枝があったと思われるところには、大きな穴が空いている。
ここから雨水などが入ると木は枯れてしまうとのことだ。
相当痛めつけられているものの、なんとか頑張って生きているようだ。

        IMG_3999.jpg

たぬきたちが訪れたときには、二輪ばかり白い花が咲いていた。
椿の花の時期は終わろうとしていたのだが、花を見ることができたのは幸いだった。

この大山白は、1960年代後半に原木がこの地で見つかり、名付けられたようだ。
また、大山白の種を持ち帰って栽培しても白い花が咲くことは稀で、殆どが赤い花が咲くらしい。
このような貴重な椿を後世まで残したいと強く思った、たぬきじゃった。

この大山白の近くには、桂の巨木がある。
この木も樹齢500年くらいというからすごいものだ。

        IMG_4003_convert_20190407170931.jpg

また、この場所から数10メートル山頂に向かって登ると、大きな楓の木がある。

        IMG_4005_convert_20190407170859.jpg

この日、この楓の木の周囲を測ると、5.2メートルあった。
この木も樹齢500年くらいと推定される。

このように大樹を間近に見ることは少なくなったが、できるだけこれらの木々には、人間世界から離れてひっそりと生きていってほしいと思った。



住職ノート
何ときれいな桜でしょう。
寒かった日々の中で、必死で咲かせよう、咲かせようと芽を膨らませて待っていたのでしょう。
ソメイヨシノが満開となっているところに、山桜も満開となりました。
近所の方はもちろん、離れた団地の人も喜んでくださっています。

6日は初参式(3歳までの子供のお参り)を実施しました。
両親、祖父母共々手を合わせたことです。
花の下で笑顔いっぱいの愛をを感じたことです。
午後は仏教婦人会の総会でした。
30数名の出席で、今年の行事を審議されました。
お陰様でそれぞれが地道に活動してくださっているのを有難く思うことです。

桜に、水仙に、ユキヤナギに、ツバキに花いっぱいの西宗寺です。
ぜひ、お参りください。

        DSCF9053.jpg



桜開花宣言(2019.03.26)

昨日は、たぬきの住む松江で開花宣言。
平年より5日も早いとのこと。
毎年、桜の花を見ながら色々なことを感じる。
花の命の短さや儚さ。
ぱっと咲いて、ぱっと散るのが、サクラのイメージ。

開花宣言が出されたのが、午前中だった。

サクラの見頃はまだまだと思いながら、町中を歩いていると、カラコロ広場の近くで、満開の枝垂れ桜を目にした。

        IMG_3855.jpg

        IMG_3853_convert_20190327210746.jpg

ソメイヨシノとは違い、枝垂れ桜は早く咲くのだと、一人感心したたぬき。

今日、たぬきの家の近くの駐車場へ行くと、法面に菜の花が咲いている。

        IMG_3860_convert_20190327210835.jpg

黄色の菜の花とサクラのコラボも見てみたい。
ふと、そんなことを思った、たぬきじゃった。

ところで、今週の土曜日は、お寺で観桜会がある。
桜の花もちょうど見頃だろう。
観桜会の詳細は、お寺のホームページを・・・・・

      クリック 👇

          西宗寺・観桜会



濃霧(2018.12.21)

今朝は気温が下がり、松江市内は濃い霧につつまれていた。

        IMG_3563_20181221144248cff.jpg

        IMG_3564_201812211442506f6.jpg

        IMG_3565_2018122114425124f.jpg

放射冷却によるものだ。
上の写真は、午前7時過ぎころのものだが、午前8時半ころたぬきが宍道湖大橋を渡った時には、もっと霧が深くなっていた。

ウィキペディアによると、

地面の温度が下がり、気温が下がる程度が大きい時に特に使われる言葉(実際にはいつも放射冷却は起きている)。
秋から冬を挟み春までのよく晴れた風の弱い夜間に気温が下がりやすい。
天気予報では放射冷却による気温の著しい低下が予想される場合、冬を中心に低温に注意する旨の呼びかけが行われる(「低温注意報」として発表される)。
また、秋(早霜)と春(晩霜)は霜に注意する旨の呼びかけが行われる(「霜注意報」として発表される。冬は霜注意報が発表されない)。
そのため単に放射冷却と言った場合には、気象としての現象を指すことが多い。


とある。
今朝の気温は4℃。
日中は16℃。
濃霧の時には、昼間は晴れて気温が上がる。

今朝の濃霧のため、出雲空港発着の航空機が欠航したり、着陸空港を変更したようだ。
また、JR山陰線でも列車のダイヤが乱れた。
このような放射冷却での濃霧の発生は、晩秋から春先にかけてこの地方ではよく見られる現象である。
深い霧に覆われた宍道湖の湖面に、かすかに水鳥の姿が見え隠れする。

四季折々に変化する宍道湖畔を見ながら、日々を過ごしているたぬきじゃ。



辛い思い

台風21号と北海道地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

今年に入り、たぬきは辛い思いばかりしているようだ。
地震・豪雨・台風、そして、また地震・・・
まさに、地球温暖化の影響やその他の自然現象が、日本列島に襲いかかっているようだ。
思い起こせばたぬきは、昨年(2017年)5月に北海道へ行き、道央から道東を巡った。

        IMG_7261.jpg

そして、昨年8月には関西国際空港からインドへと、心に残る素晴らしい旅をさせてもらった。

        IMG_7991.jpg

そのような場所が、自然災害とはいえ、大きな被害を受けている。
大型台風の発生要因も地球温暖化にあるのかもしれない?と、そんなことを思うたぬきじゃ。

そこで、日本の過去の地震を調べて見ると、大きな地震が日本各地で起こっていることがわかる。
以下、詳しいことは、色の変わっている文字をクリックして見てほしい。

          日本の地震

過去の台風についても、次のようなことがわかる。

          過去の台風

調べて見るとこんなにも多くの地震や台風が日本列島を襲っているようだ。

たぬきは、避けようのない災害もあるかもしれないが、少なくともそれを避けるよう普段から準備を怠らないようにしておかなくてはいけないと感じている。




春になれば・・・

このところ毎日20℃を超える気温が続いていた。
もう、春がやって来たと思っていたら、明日からまた気温が10℃以上も下がるという。
「三寒四温」といわれるが、余りの気温の変化に体がついていかないような気がする。

先日、ポカポカ陽気の中、久しぶりにウォーキングに出かけた。
そうしたところ、用水路に亀がいるではないか?
この暖かさから、もう、亀も冬眠から覚めたのかと思った。

        IMG_1343.jpg

この亀は、「ニホンイシガメ」のようだ。
純日本産の亀。

たぬきが子どもの頃には、今のように外来種の亀はいなかった。

ところが、もう随分前だが、縁日の屋台などで「ミドリガメ」と称して販売され、人気を博していたのが、外来種の「ミシシッピーアカミミガメ」だ。
子亀の時には、かわいいのだが、大きくなってくると面倒になり、あちこちの湖沼などに離してしまう飼い主がでてしまった。
そんなことから、いたる所で繁殖し、今では、松江城のお堀や近所の用水路などいたるところに、沢山生息している。
たぬきのウォーキングコースのこの場所でも多くの外来種のアカミミガメを見かけてきた。

この日は、日本の固有種の亀を見つけることができ、何となく嬉しくなった、たぬきじゃった。




住職ノート
お彼岸前に暖かい日が続いています。
ご案内のように、17日(土)永代経法要の日もこんな暖かい日であったらと、期待をしています。

昨日から県立八雲風土記の丘で西宗寺古墳の展示が始まりました。
島根県の考古学の発展に寄与された山本清博士が発掘された、古天神古墳と西宗寺古墳の須恵器・太刀などが5月13日まで公開されます。
沢山の方が参観され、国の成り立ちに、関心を持ってほしものです。

今月の標語は、彼岸にもなりますので
 「春彼岸 命について 考えてみませんか。
 終着点からさかのぼって 人生をとらえなおす作業」

としました。

死は誰にも平等に訪れます。
しかし、昨今の日本人は、人生の最後を考えることを避けすぎてはいないだろうか。
考えずにいて、いざその時が訪れると「どうしたらいいか」とおろおろする。
残りの貴重な時間をどう過ごすか、考えることに費やし、したいことができないかも知れない。
人生のどこかで、「自分もいつかは死ぬ」という逃れようのない事実をまず受け止めて、そこから遡って、人生を見つめなおし、捉え直すことが大切に思うのですが。




黄砂(2017.05.07)

久しぶりにブログを書く。
たぬきは、4月末からの連休中、バタバタと過ごしていた。

以前は、どんなに忙しくても毎日欠かさずブログを書いていた、たぬきだったのだが・・・
少しでも近況を報告しながらブログを書き進めたいと思う。

それはともかく、松江では昨日から黄砂がひどく、視界が悪い状態が続いている。
今日、お寺の墓苑に行くと、北山が霞んでいる。

        IMG_6795.jpg

毎年のこととはいえ、外に洗濯物は干せず、車の上も黄色くなる。
偏西風に乗ってくる「黄砂」や「PM2.5」。
何とかしてほしいと思うのは、たぬきだけだろうか?

黄砂(黄沙)とも、こうさ、おうさ。
英語: Asian Dust)とは、特に中国を中心とした東アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂塵嵐(砂嵐)などによって上空に巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛散し、地上に降り注ぐ気象現象。
あるいは、この現象で飛散した砂自体のことである。
日本でも、西日本を中心に影響を受けている。
          By ウィキペディア    




住職ノート
青葉若葉の緑の季節になってきました。
緑の中にツツジが赤、白、紫と鮮やかな色を見せてくれています。
先日、中山間地域のお寺にご縁をむすばさせていただきました。
山々の様々の緑の光景に、自然の中にある私を悦びたいと思ったことです。

今月の標語は、
 「たとえ朝咲いて 夜散る花であっても その中には無限の “いのち”がある」
としました。
桜が、ツツジが、水仙がきれいな花を咲かせ、私をなごませてくれ、一仕事終え、散って往っても、限りない縦の横の“いのち“の繋がりがあるのですよね。
実は、私自身の”いま“がそうなんでは、と思うことです。

今の与えられた“いのち”を精一杯、堂々と生きて行きたいと思う今日この頃です。
先日いらっしゃた、ご主人をなくされた女性の方が、この言葉を読み、涙を流されて帰っていかれました。
くれぐれもご大事に。

        IMG_6784.jpg


土筆~つくし

寒い。寒いと言っていたのは、つい最近まで・・・
東京では3月21日に桜の開花宣言があった。
もう、そんな時期になったのか?
ここのところ、バタバタと過ごしていたような気がする。
たぬきには、もう少し自然の移ろいを感じて過ごすことが必要なのだろう。

そんなことを思いながら、ふと用水路の土手を見ると・・・

        IMG_6649.jpg

        IMG_6651.jpg

土筆の大軍を見つけた。
気持ちが悪くなるような土筆の群れ。
すっかり季節は春になっている。
もう1週間もすれば、新年度が始まる。
気持ちも一新して新年度を迎えたいものだ。


QRコード作成
写真・画像のWEB加工