FC2ブログ

オーストラリア(No.26)

シドニー湾の夜景を見た後は、ハーバー・ブリッジの北側にある「シドニー・ルナ・パーク」へ。
ルナ・パークは世界各地にある遊園地だ。
この遊園地の入場料は無料。

        IMG_2965.jpg

        IMG_2966_20190418203338b1e.jpg

ルナ・パークの入場口に到着した。
ところが、入口付近にはパトカーが停まっている。
何か事件でも起きたのだろうか?

        IMG_2967_20190418203339e7f.jpg

        IMG_2968_201904182033413cf.jpg

そんなことを思いながら、パークの中に入る。
中は、特に変わった様子もなく一安心。

        IMG_2973_2019041820334262a.jpg

        IMG_2974.jpg

        IMG_2975.jpg

        IMG_2976.jpg

        IMG_2980.jpg

建物等にも電飾が施され、幻想的な雰囲気を醸し出している。
子供連れで来るとしっかりと遊具を堪能できるのだろう。
たぬきのような夫婦連れでは、パークの中を散策するのが精一杯だ。

ルナ・パークを出ると目の前にライトアップされたハーバー・ブリッジが見える。

        IMG_2982.jpg

        IMG_2983.jpg

このロケーションも素晴らしかった。
そして、ふと目をやるとパークの外に騎馬警官が・・・

        IMG_2990.jpg

オーストラリアにも騎馬警官がいるということを初めて知った、たぬきじゃった。

続きは、また次回・・・・・





オーストラリア(No.25)

ホテルで休憩をした後、夜のシドニーを満喫することに・・・
最初に、ミセス・マッコーリーズ・チェアへ。
ここからは、オペラ・ハウスとハーバー・ブリッジが見渡せる場所だ。
ちょうど、夕日も沈み、空が茜色に輝いている。

        IMG_2917.jpg

        IMG_2918.jpg

写真は明るく写っているが、肉眼ではもっと暗く見えて、なんとも言えない郷愁を感じる。
しばらく写真撮影をしていると、日もとっぷりと暮れてきた。

たぬきたちは、ハーバー・ブリッジのたもとまで移動。

        IMG_2945.jpg

        IMG_2948.jpg

さっきまでいたミセス・マッコリーズ・チェアの反対側からオペラ・ハウスを眺める。

そして、シドニー湾岸のビルの夜景も素晴らしい。

        IMG_2946.jpg

ここで余談だが、オーストラリアでは会社員等の残業率は非常に低い。
要するに、残業する人はいないのが実情のようだ。

夜景を見ると、企業が入っていると思われるビル群に煌々と明かりが点いている。
残業しないのに、なぜオフィスに明かりが・・・と思う。
現地ガイドの説明によると、ビルのライトアップは、シドニーの観光振興のためにビルの階を決めて、点灯させているということだ。
そうでもしないと、こんな綺麗な夜景を演出出来るわけがないと納得した、たぬきじゃった。

続きは、また次回・・・・・



住職ノート

4月も半ばになりました。
田んぼも水が張られ、着々と田植えの準備が整いつつあります。
西宗寺の桜もヒラヒラと散って、今日は、雪の上を歩いているようです。

今月後半の標語は
 「たった一言が 人の心を傷つける たった一言が 人の心を温める」
としました。

学校に通う子供たちが、近くのおじさん、おばさんが、見てくれないかなとの思いで書きました。  
私たちは、何気なく人と話をしたり、人の話を聞いたりしていますが、私の口から出る一言一言が、相手を知らぬ間に傷つけたり、いやな思いをさせたりします。
私たちの行い、身のこなしにおいてはなおさらです。
今日一日の私の振る舞いはどうだったのでしょう。
恥ずべし、痛むべしの思いです。
お互いに考えていきましょう。

明日は、京都のご本山にお参りします。
静かに祖師の前に手を合わせて来たいと思います。

        DSCF9056.jpg






オーストラリア(No.24)

オーストラリアを書くのも24回目。
考えてみれば、宿泊したホテルの部屋について書いていなかったことに気付いた。

ホテルは、ラディソンブループラザホテル。

ホテルの紹介サイトには、
Radisson Blu Plaza Hotel in Sydney CBD (Central Business District)は、シドニー・オペラハウスやシドニー現代美術館、ハーバーブリッジのあるサーキュラー・キーまで徒歩15分の場所に位置し、スイミングプールと無料Wi-Fiを提供しています。

The Lady Fairfax Roomでは1日の初めに美味しいビュッフェ式朝食を提供しています。
The Faxバーではコーヒーを飲みながらリラックスできます。
受賞歴のあるロビー階のBentleyレストラン&バーは、友人と夕食やワインを楽しむのに最適です。

1900年代初頭に建てられたRadisson Blu Plaza Hotel Sydneyから歴史あるロックス地区まで徒歩20分、ピット・ストリート・モール、クイーン・ヴィクトリア・ビルディングなどのショッピング施設まで徒歩15分以内、ウィンヤード駅とバス停まで徒歩2分以内です。

各部屋に大理石のバスルーム(ウォークインシャワー付)、バスローブ、バスアメニティが備わります。一部の部屋には独立したバスタブが付いています。
部屋は薄型衛星テレビ付きで、美しい内装です。

セントラル・ビジネス・ディストリクトは「ショッピング」「食事」「レストラン」に興味がある人におすすめ。

この宿泊施設はシドニーで最高のロケーションと評判!この都市にある他の宿泊施設と比べて立地条件抜群です。


とあるように、シドニー滞在中快適に過ごすことができた。

        IMG_9039.jpg

        IMG_9042.jpg

        IMG_9043.jpg

        IMG_9045.jpg

部屋は広く、バスルームも綺麗でバスタブも独立している。
最高の環境で、睡眠もしっかりとれた。

海外旅行をするときには、ホテルのグレードは絶対上げておく必要があるようだ。
環境が違うと睡眠不足に陥ることが多いが、ゆったりとした空間があれば、ゆっくりと休むことができる。

続きは、また次回・・・・・



住職ノート

平成31年4月常例法座のご案内

日時 4月16日(火)午前10時~
内容 私たちのお経

「経」という文字は織物のたて糸。
物事を正しく伝えるという意味もあります。
仏さまのお経がたて糸なら、横糸は一人ひとりの日常生活といえます。
みんなで話し合ってみましょう。




巨木を見る会(2019.04.06)

巨木(巨樹)を見る会が、安来市広瀬町布部で開催されるということを3月初めに案内をしてもらった。
早速たぬきは申し込みをした。

4月6日たぬきの運転で、松江から2名を車に乗せて布部の加納美術館へ。
午前10時にここで待ち合わせということだった。

たぬきは、早く松江を出発したものだから、午前9時過ぎには加納美術館に到着した。
早かったかなあと思っていると、たぬきたちよりも早く到着している人たちもいた。

        IMG_3982.jpg

また、美術館前を流れる飯梨川沿いの土手には、サクラが今を盛りに満開になっている。

        IMG_3978_convert_20190407170543.jpg

午前10時から美術館の隣の交流センターで、今回のツアーの説明などが行われた。
このツアーのメインは、「大山白(だいせんはく)」と名付けられた椿の巨木のようだ。
数ある椿の種類でも珍しい白い花の椿。
なんとも話を聞くだけでもワクワクする。
ところが、この椿が発見されてから盗伐が相次ぎ、現在では瀕死の状態にあるとのことだった。
だから、この巨木がある位置も参加者には知らされず、まさにミステリーツアーのような感覚で参加することになった。

出発する前に各自がおにぎり弁当を受け取り、車に乗り合わせて現地へ向かった。
普通車がやっと1台通れるくらいの道幅しかない。
そんな未舗装の道を進んでいく、しばらく走ったところで車から降りて、山道を進む。

        IMG_3989.jpg

途中、何回も小川を渡りながら山頂に向かって歩く。

        IMG_3990_2019040717104033b.jpg

30分ばかり歩くと目的の場所に到着する。

        IMG_3992_convert_20190407170730.jpg

これが、「大山白」。
樹齢500年という。
木の下側には枝がない。
これは、全て盗伐されたことを表している。
枝があったと思われるところには、大きな穴が空いている。
ここから雨水などが入ると木は枯れてしまうとのことだ。
相当痛めつけられているものの、なんとか頑張って生きているようだ。

        IMG_3999.jpg

たぬきたちが訪れたときには、二輪ばかり白い花が咲いていた。
椿の花の時期は終わろうとしていたのだが、花を見ることができたのは幸いだった。

この大山白は、1960年代後半に原木がこの地で見つかり、名付けられたようだ。
また、大山白の種を持ち帰って栽培しても白い花が咲くことは稀で、殆どが赤い花が咲くらしい。
このような貴重な椿を後世まで残したいと強く思った、たぬきじゃった。

この大山白の近くには、桂の巨木がある。
この木も樹齢500年くらいというからすごいものだ。

        IMG_4003_convert_20190407170931.jpg

また、この場所から数10メートル山頂に向かって登ると、大きな楓の木がある。

        IMG_4005_convert_20190407170859.jpg

この日、この楓の木の周囲を測ると、5.2メートルあった。
この木も樹齢500年くらいと推定される。

このように大樹を間近に見ることは少なくなったが、できるだけこれらの木々には、人間世界から離れてひっそりと生きていってほしいと思った。



住職ノート
何ときれいな桜でしょう。
寒かった日々の中で、必死で咲かせよう、咲かせようと芽を膨らませて待っていたのでしょう。
ソメイヨシノが満開となっているところに、山桜も満開となりました。
近所の方はもちろん、離れた団地の人も喜んでくださっています。

6日は初参式(3歳までの子供のお参り)を実施しました。
両親、祖父母共々手を合わせたことです。
花の下で笑顔いっぱいの愛をを感じたことです。
午後は仏教婦人会の総会でした。
30数名の出席で、今年の行事を審議されました。
お陰様でそれぞれが地道に活動してくださっているのを有難く思うことです。

桜に、水仙に、ユキヤナギに、ツバキに花いっぱいの西宗寺です。
ぜひ、お参りください。

        DSCF9053.jpg



オーストラリア(No.23)

昨日(4月1日)は、新しい元号も決まり日本中が大いに盛り上がった。
新元号は、「令和」。
心地よい響きの元号だ。
新しい時代が、この元号のように「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」ことを願いたい。

さて、オーストラリア紀行について書くとしよう。
土産物販売店「コガルー」を出た、たぬきは一旦ホテルに帰って休憩。

        IMG_2893.jpg

        IMG_2892_20190402204839a4f.jpg

しばらく休憩した後、オージービーフのステーキディナーに・・・

        IMG_2900.jpg

        IMG_2898.jpg

        IMG_2904.jpg

        IMG_9210.jpg

オージー・ビーフ (英: Aussie Beef) は、オーストラリア産牛肉のこと。

原料となる肉牛は生まれると広い敷地で放牧される。
放牧時は牧草を餌とされ、このまま食肉にされる牛は牧草牛やグラスフェッドなどと呼ばれる。
牛の本来の生活で育った牛の肉質は赤身が多い。
米国を中心としたオーガニックマーケットではオーストラリア産のグラスフェッドは付加価値の高い商品として認知されている。
一方、日本を中心としたアジアマーケットではサシ脂が好まれるので、フィードロットと呼ばれる肥育地に輸送し、さらに脂肪率を向上させる生産法が好まれている(グレインフェッド)。
2011年12月現在、日本に輸入されている41%がグレインフェッドで、スーパーマーケットで販売されているオージー・ビーフの多くはグレインフェッドである。
          by ウィキペディア       


オージービーフのディナーにすっかり満足した、たぬきじゃった。




夜桜を観る会(観桜会~2019.03.30)

3月30日午後5時からお寺で観桜会が開催された。
この日は、天候もあまり良くなく、気温も低かったため本堂の中での開催となった。

        IMG_3956_convert_20190401092111.jpg
        
        IMG_3958.jpg

        IMG_3959.jpg

残念ながら、境内のサクラも三分咲きだった。

本堂では、全員でお勤めをしてから観桜会となった。
参加者は少なかったものの、神奈川県から帰省された方もおられ、和気あいあいと楽しく歓談することができた。

        IMG_0041.jpg



たぬきからのお知らせ
4月前半の法語は、今夜お寺のホームページに掲載する予定です。



桜開花宣言(2019.03.26)

昨日は、たぬきの住む松江で開花宣言。
平年より5日も早いとのこと。
毎年、桜の花を見ながら色々なことを感じる。
花の命の短さや儚さ。
ぱっと咲いて、ぱっと散るのが、サクラのイメージ。

開花宣言が出されたのが、午前中だった。

サクラの見頃はまだまだと思いながら、町中を歩いていると、カラコロ広場の近くで、満開の枝垂れ桜を目にした。

        IMG_3855.jpg

        IMG_3853_convert_20190327210746.jpg

ソメイヨシノとは違い、枝垂れ桜は早く咲くのだと、一人感心したたぬき。

今日、たぬきの家の近くの駐車場へ行くと、法面に菜の花が咲いている。

        IMG_3860_convert_20190327210835.jpg

黄色の菜の花とサクラのコラボも見てみたい。
ふと、そんなことを思った、たぬきじゃった。

ところで、今週の土曜日は、お寺で観桜会がある。
桜の花もちょうど見頃だろう。
観桜会の詳細は、お寺のホームページを・・・・・

      クリック 👇

          西宗寺・観桜会



QRコード作成
写真・画像のWEB加工